【PR】実際に歩いているかのような気分で京都巡りを満喫できる京都逍遙 DVD全12巻
   ≪店頭では販売されていません。≫

千手観音菩薩

ねずみ年(子年)の守護本尊:千手観音菩薩


千手観音菩薩

千本の手を持つ千手観音菩薩様。
正しくは「千手千眼観自在菩薩」といいます。

菩薩は如来を指して修行を続ける身ではありますが、人々を教えに導く存在でもあります。

観音菩薩は、慈悲深い菩薩であるため、人々のあらゆる願いをかなえようと自ら33通りもの姿に変化します。
千手観音菩薩は十一面観音が発展した姿で、千の手のひらには"眼"が刻まれています。
千の眼で人々の願いを見て、千本の手で願いを叶えようとする菩薩の意思がお姿に見て取れると言えます。

千手観音菩薩のご利益

日本で一般的な千手観音菩薩は、手が42本に簡略化された像。
このうち40本の手は大きな荷物を持っておられ、それぞれにご利益があります。

例えば、宝剣は悪い鬼をこらしめ、宝弓は出世の望みを叶え、宝印は巧みな話術を得ることができる、など。
何しろ40本全ての効力が異なるので、たいていの願い事は叶ってしまいそう^^。
大変お得な感じの高い観音様です。

護符のすすめ

自身のご本尊様をお守りとして持つことは開運アップに欠かせません。
マイ守護本尊様をいつも身につけていることで、災厄から身を守り、開運に導いてくださるといわれています。

特に、このような「護符」(ごふ)と呼ばれるお守り札ならお財布などに入れて持ち歩けるのでご本尊様のご加護を常に受けることができます。

守護本尊の開運パワーで金運、幸運を呼び寄せましょう!!

千本の手で全ての願いを叶えるという
≫≫干支御本尊開運護符「千手観音菩薩」(子年)はこちら


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0